スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世田谷区の税理士事務所】はこちらへ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
⇒それぞれ参加中。応援クリックお願いします。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

税務職員を装う詐欺 

8月に入り、夏真っ盛りといった天気が続いています。


5月決算もなんとか終わり、一息つく間もなく、次の案件やらプロジェクトなどに時間がとられています。


まあ、例年通りといえばそうですが、プライベートな時間は夏を満喫するようにしています。



さて、先日税理士会の集まりで注意喚起されていたことがありました。


国税庁のトップページにもトピックスとして載っています。


「税務職員を装い現金等を持ち去る詐欺」とのこと。


オレオレ詐欺からはじまり、いろんな詐欺が横行していましたが、この詐欺の手口にはビックリしました。


なんでも、税務職員を装った詐欺師が、税務調査と称して、売上の確認などと言って現金を持ち去るらしいのです。


我々は、日ごろから税務調査の立会などを多く経験しているので、税務調査の流れや方法を熟知しています。


そのためこんな手口に引っかかると想像もできませんが、このような詐欺に実際会われている方がいるのということは非常にショックです。


(以下国税庁HPより抜粋)
*******************************

被害に遭わないための注意事項

1  税務職員が税務調査を行う場合は、質問検査章と身分証明書(顔写真ちょう付)を必ず携帯しています。また、徴収担当の職員が滞納整理を行う場合は、徴収職員証票と身分証明書(顔写真ちょう付)を必ず携帯しています。身分証明書等で所属、氏名等を確認してください。

2  通常の税務調査において、調査担当の職員が帳簿書類等を預かることはありますが、現金その他の財産を差し押さえることはありません。
 なお、いわゆる査察調査など国税犯則取締法に基づき税務職員が強制調査を行う場合は、裁判官が発付した「臨検・捜索・差押許可状」を必ず呈示することとしています。この際、税務職員が許可状に基づき現金等を差し押さえる場合もありますが、差押手続を行った場合には必ず差押目録を作成し、差押目録謄本を交付しています。

3  徴収担当の職員が、納税者の皆様から税金の納付のために現金を受領する場合には、必ず領収証書を交付しています。
 なお、滞納整理において、徴収担当の職員が、国税徴収法に基づき現金等を差し押さえる場合もありますが、差押手続を行った場合には必ず差押調書を作成し、差押調書謄本等を交付しています。

4  通常、税務調査を土日などの休日や早朝・深夜から開始することはありません。

*******************************


怪しいと思ったらまずは確認してみてください。





関連記事

【世田谷区の税理士事務所】はこちらへ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
⇒それぞれ参加中。応援クリックお願いします。
[ 2014/08/02 00:04 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hosoitax.blog74.fc2.com/tb.php/494-00b8e31d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。